トイレ水漏れは職人に修理を頼もう|平和な暮らしを取り戻せ

輝きと強度が向上します

床板

フローリングの輝きと強度を保つためには、半年に1度のワックスがけが必要です。ワックスがけを行う場合、フローリング上に置かれた家具や雑貨類を全て移動させ、丁寧に拭き掃除を行います。そして、専用のワックスをモップ等を使ってできるだけ薄く塗り広げて行きます。塗り広げたワックスは扇風機等を使って乾かした後、再びワックスを塗り重ねていきます。この時に、ワックスムラができないように注意が必要です。最近の住宅ではフローリングが人気で、フローリングの部屋数が増えています。そして、ワックスがけの作業を1年間に2回も行うとなると、多くの人が負担に感じるはずです。そこでおすすめなのが、フローリングに施すフロアコーティングです。

フロアコーティングを行うと、フローリングの輝きとキズに対する強度が格段に向上します。その耐久性は10年以上続くと言われていますから、その間はワックスがけをする必要がありません。ただし、フロアコーティングに用いるコーティング剤にはいくつかの種類があり、コーティング剤の種類によって耐久性が異なってきます。そして、耐久性が長く続くコーティング剤ほど料金が高くなります。また、フロアコーティングを施工する業者によっても料金が違いますし、仕上がりの満足度も異なってきます。ですからフロアコーティングを行う場合、コーティング剤選びと施工業者選びがとても重要になってくるのです。そこで、インターネットを使った一括見積もりを申し込んでみましょう。そうすれば、フロアコーティングの相場が分かりますし、良心的な業者を見つけることもできます。